佐賀県産の腰板材・床材等

さがの住まいづくりにかかせないものが色々あります

腰板材/佐賀県産材・スギ

現在の住宅はアルミサッシの普及などにより昔の住宅から比べ、気密が良くなっています。
気密が良い反面、湿気などがこもり カビやダニの発生の原因にもなっています。
無垢材は湿気を調節してくれる〝調湿作用〟という良い働きをしてくれます。 無垢材は、住む家族の健康面に適した素材と言えます。
また、輸入材をたくさん使った合板とは違い湿度など…地元の気候風土に合う素材として佐賀で育った木が良いと思われます。

床材/佐賀県産材・ヒノキ

腰板材と同じように、無垢の床材も調湿作用があります。気候風土を考えて、佐賀の木の床材がおすすめです。
家族の中でも、大人よりも小さな子供は床に近いところで生活するので、安心した素材を使いたいもの。そういう面でも無垢の床材は最適です。
また、合板よりも、無垢材の方が熱の伝わり方も少なく、冬場の床の冷たさを押さえることにも良い作用をもっています。

壁・天井仕上材/セラミック漆喰・セラミッククロス漆喰

佐賀県有田町にある遊天セラミックスさんがつくられた体にやさしい素材です。セラミック漆喰〝安楽壁〟は人体親和性があり、無害のアパタイトに海藻糊を混練したもの。セラミック漆喰壁紙〝安楽壁紙〟は、ケナフ紙の表面にアパタイト漆喰をコートしたものです。

安楽壁・安楽壁紙ともに、シックハウス対策や臭い除去などに効果がある素材です。安心して暮らせるお部屋の空間になります。
(詳しくは、遊天セラミックスさんの ホームページをご覧ください)

 

さがのいいものをおおいに活かします

壁材/佐賀県産材・スギ

日本の生活の中で気になるものが「湿気」。
湿度が多くなると、カビが発生したり、カビの影響でダニの発生の原因にもなります。
その湿気は、温度は低いところに集まる特性があり、特に押入・物入は湿気が多く集まります。
そういう押入・物入には無垢材がおすすめ。
無垢材独特の〝調湿作用〟を活かすことで、見えないスペースにも快適空間になります。

 

マツオグループ 系列会社へのリンク

メートプラザ佐賀

ページの先頭へ戻る

Copyright (C)MABEC Inc. All Right reserved.